BLOGブログ

BLOG

11

3年前のわたしへ

思うこと

3年前の今頃。

次男を出産して1か月程度経ち、
産後の腰痛も鍼で軽快したので
自宅に戻って
新たな生活をはじめていました。

当時は夫の仕事が忙しくて
月の半分以上出張に行きっぱなし、
ほとんど家にいなくて
いわゆるワンオペな毎日でした。

一人でも意外といけるじゃん!
と思う日もあれば、

まだ2歳になりたての長男と
生まれたてほやほやの次男が
思うようになるわけもなく。

二人同時に昼寝しないし
夜の寝るタイミングがうまくいかなくて
こどもたちと一緒に
泣いていたこともありました。

(これは今だから言える)

2歳長男と1か月の次男。とてもかわいいと今なら思う!!

 

 

 

 

 

 

 

次男を産む直前に
ファスティング指導の資格を取って
産後落ち着いたら活動するぞと
意気込んではいたものの、
すぐに思うように動けるなんてことは
当然できないわけでして。

いつになったら始められるかな…。

この子どもたち中心の生活から
いつ解放されるんだろうか。

ぐらいに思っていました。

動いていないと気が済まなかったので
こどもたちが寝ている間は
家事を済ませて、
事業を始める準備をして

睡眠時間を削る削る…

夜間は授乳もあったし、
いつ寝てたのかな。

でも

当時はやりたいことを
やっと形にできると意気込んでいて、
その勢いや、夜な夜なの作業が
私自身を保ってくれている感覚でした。

とても「元気」でしたね。

家事も育児も仕事も
ぜんぶひとりでやってやる!!!

勢いだけで突き進んでる感じ。

 

3年経った
今ならわかる。

産後の栄養不足に加えて
睡眠時間を削ずり、
子どもの状態に常に注意を払って
身体は緊張しっぱなし。

あの時の「元気」は

心穏やかな元気ではなく

興奮しっぱなし、
戦闘モードの
元気だったということ。

そりゃ穏やかにいられるわけ
ありませんよ…

でも
その「元気」が
長く続けられる元気とはちがう
と自分自身で気が付くためには

体をぶっ壊して己の限界を知る

何かのきっかけで
心穏やかな「元気」を
体感するしかないわけなんです。

私の場合は
プロにお願いして栄養を
足していったことや

自分の思考グセを知る機会を
もったこと、

家族との対話で
心穏やかな元気を体感して

少しずつ
落ちついた元気(なんて表現したらいいのだろう)
を取り戻しました。

現在進行中ですが…

3年前に
ひとりでやらなきゃと
意気込む自分がいてくれたから

栄養を充足させることが
まずは大切だということ、

プロに身をゆだねると
楽で早いことや、

家族と過ごす心地よさを知ることが
できたと思うと

当時の自分にありがとうと
伝えたい。

それと同時に
そんなに一人で意気込まなくても
いいんだよとも伝えたくて。

このあたりのことは
せっかくなので新しいプログラムにしていこうと思って
少しずつ進めているところです。
すごくスロースピードなんですが(笑)

・食べる事の積み重ね
・思考のクセに気づく

このあたりが軸かな…!!

また何年かたった時
今思っていることを振り返ったら
きっと思うことがあるだろうなと思って
あえてありのままを記事に残しておきます。

ここまで読んでくださって
ありがとうございました。

そうそう。
当時(今も)ストック品に助けられてました。
あけてすぐ食べられると
鶏むね肉をよく食べてたのを
思い出しましたよ(笑)

何か気になることがあれば
こちらからお気軽にご連絡ください

問い合わせる

 

インスタや公式ラインからのお問い合わせも
大歓迎です!!

Instagram

公式LINE

 

いつでもお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

てらにしみほ

”人生を味わい尽くす女性をふやす”をテーマに
ヘルスケアのためのファスティングを提供。

臨床分子栄養医学研究会 認定カウンセラー
PNTトレーナー(栄養療法×心理技術)
広島出身、2児の母。

 

最近の記事

  1. NEW

    勇気がいるから…

  2. 会社を辞めて1か月とちょっと

PAGE TOP