BLOGブログ

BLOG

8

読書記録

思うこと

 

最近読んだ本のまとめ。

7月は「死生観」について
考えたいなとなんとなく感じて
気になる本、
オススメしてもらった本を
読んでいました。

 

「死」について考えようと思うほどに
「生」を意識せざるを得ないなと
読書を通じて強く感じたのですが。

 

死ぬときは
お金も地位も名誉も
大切なひとも
大事なものも
なーんにも持って行けなくて。

自分のカラダひとつ。

 

 

どうせみんなその日がくるなら
その日までどうする?

 

みたいな問いが残りました。

ま、またそこは
マイペースに答えを出していこうかな~。

 

「あした死ぬかもよ? 人生最後の日に笑って死ねる27の質問」
ひすいこうたろう(著)

 

 

比較的、前向きなときはこの本。
問いがたくさんあって
じっくり読んで
自分のこれからを考えたいときに。

 

「いま抱えている悩みは、

たとえ人生最後の日であっても、深刻ですか?」

 

 

「もし今日が最後の日だとしたら、

今日やろうとしていたことをする?」

 

など。

 

明日人生が終わるならと仮定しての
問いなので、普段あまり考えないことを
考えてみる良いチャンス。

 

エネルギーないときは読めないと
思うので、元気な時にどうぞ。

 

 

「もしあと1年で人生が終わるとしたら? 」
小澤 竹俊 (著)

 

 

「明日」ではなくて
「あと1年後」に
自分の人生が終わるとしたらという
先ほどの本と似たタイトル。

 

実際に3500人を看取った医師の方の
経験から紡がれた言葉がたくさんありました。

 

なんというか
文章がやさしくて柔らかでした。

存在してることそのものに
価値があるよねと思わせてくれる1冊。

 

 

「悲しみとともにどう生きるか」

 

身近な人亡くした方の
エピソードがいくつか挙げてあって
自分自身の喪失体験、そこから見えてきたことが
綴られてあった1冊。

 

悲しみをしるからこそ、
幸せになれる(幸せを得られる)という
フレーズがとても印象的でした。

 

そして最後はこちら~。

「大切な人を亡くしたあなたに
知っておいてほしい5つのこと」
井手 敏郎(著)

 

 

グリーフケアを知りたくて読んだ1冊。

登場人物とファシリテーター(著者)が
各テーマに沿って対話形式で話を進めていく内容。

実際にできるワークなどもあって、
少し気持ちが落ち着いた段階でなら読めると
感じた1冊でした。

 

昨年大切な人を亡くしてからの
感情の変化や
周りに対する考えなど、

「こんな風に思うのはもしかして変…?」

と思っていた気持ちも
自然な流れだったとわかった1冊でもありました。

 

対話形式なのでわかりやすく読みやすかったです。

 

 

と、こんな感じで黙々と読書した7月。

以上、備忘録でした!

 

 

お問い合わせは
公式ラインからお気軽にどうぞ
↓↓

 

こちらのフォームからもお問い合わせください
↓↓

エラー: コンタクトフォームが見つかりません。

 

ファスティング専用ドリンクなど
厳選アイテムを揃えたショップは
こちら

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

てらにしみほ

”人生を味わい尽くす女性をふやす”をテーマに
ヘルスケアのためのファスティングを提供。

臨床分子栄養医学研究会 認定カウンセラー
PNTトレーナー(栄養療法×心理技術)
広島出身、2児の母。

 

最近の記事

  1. NEW

    コーヒーを止めたら頭が痛い

  2. NEW

    美肌の敵は○○!

PAGE TOP