BLOGブログ

BLOG

11

肌荒れと対策と。

これいいね

 

秋の終わりから冬にかけては、
夏の疲れが出やすい…。

先日顏に湿疹が出てしまった。
お疲れのサインです。

まだらに赤い湿疹が…メイクできず。涙

社会人になったばかりのことは
季節ごとやちょっと疲れるとすぐに
顏や胸元にまだらに湿疹が出てましたが、

だいぶそういうトラブルが減っていたので、
久しぶりにきたな~という感覚。

まあいい気持ちはしない。(笑)

ひりひり、かゆみ。
鏡を見るたびに萎えます。

こんな時にどんなケアをするのか。

簡単にまとめ。

1. 皮膚科へいく

なんのひねりもないけど。(笑)

早く症状を抑えたいなら
まずは専門家に診てもらう。

(自然派をこじらせていたときは
病院にかからないことが
正義になっていましたが)

湿疹は炎症。

炎症を放っておくのは、
ぼや騒ぎが起きているに
消火しないのと一緒。
ゆくゆく火事になるかも…。

酷くなる前に診てもらうのが吉。

今回は顏だったし、
人と会う約束もあったので、
即皮膚科へ。

抗生剤なども処方してもらいましたが、
一旦塗り薬だけで様子をみて、
他でもケアしていきました。

 

 

2. 胃腸に優しい食事

 

✓ 小麦

✓ 乳製品

✓コーヒーをはじめとするカフェイン

しばらくお休み。

消化に負担がかかりにくい和食中心で。

緊張のしすぎ、疲れすぎは胃腸の働きを
落としてしまいます。

消化吸収ができないと、
腸内細菌がバランスを崩し、
悪玉菌が優位になり、
腸内環境が悪化…。

アンモニアやスカトールといった
有害ガスを発生させて、
全身を巡ります。

これらのガスは身体にとって毒なので、
一生懸命解毒するのですが、
間に合わないと
サビの原因となる活性酸素を発生。

吹き出物や肌荒れへとつながっていきます。

肌と胃腸は繋がってるので、
内側からのケアも必須。

こちらのブログで紹介した
ボーンブロスをせっせと飲んでました。

胃のケア

 

3. 睡眠

とにかく寝る。

スマホは早めのオフ。

寝る前には、
目に入らないところにスマホを置くだけでも
スマホを触る時間が減ります。

 

 

余談ですが、
スマホ依存には「オペラント学習」
深く関わっているそうです。

オペラント学習とは、
望んだ結果(報酬)に反応して、
人がある行動を進んでやるようになること。

スマホを触る
⇒①直ちに反応、しかも簡単に(報酬)

スマホを触る
⇒①+次々と新しい情報を提供(報酬)

もっと簡単に報酬がほしい!!

つまりは
触るほどにだらだらと使ってしまう。

 

寝る前にちょっとスマホいじったら
SNSサーフィンが止まらず、
気付いたら数十分経ってた!
なんてことありません??

 

 

 

夜はスマホそのものを
視界に入れない工夫を。

寝ている間に身体の修復が進むので、
まずは寝る!!

 

4. 保湿

 

皮膚科でもらう保湿剤もいいのですが。

今回は手持ちの化粧水がしみなかったので、
そのまま使ってました。

お気に入りの松山油脂さんの
スキンケアシリーズ。

 

 

こちらは、ばしゃばしゃ使う用として
もっているけど、肌トラブル時は痛くて使えなかった。。
普段使う分にはコスパがとてもよくて
お気に入り。

とにかく乾燥を防いで、
湿疹の悪化を止めました。

 

 

と、こんな感じで簡単まとめ。

ビタミンもだいぶ盛りました。

それもあってか、
おかげさまで今は落ち着いています。

 

もう冬がきてますね。
心も体も元気に過ごしましょ~。

 

お問い合わせは
公式ラインからお気軽にどうぞ
↓↓

 

こちらのフォームからもお問い合わせください
↓↓

 

ファスティング専用ドリンクなど
厳選アイテムを揃えたショップは
こちら

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP