BLOGブログ

BLOG

7

美肌の敵は○○!

これいいね

 

広島拠点にファスティング(断食)
のサポートをしている
てらにしみほです!

あまり見てほしくない
過去の写真はこちら
見ないで~と言いたくなる過去の写真。 | &me (terami-organic.com)

梅雨明けはもうすぐ?

 

梅雨明け間近かな。

だいぶ暑い日々…!

この時期に気になる日焼け。
お肌の調子が乱れやすい季節になってきました。

 

 

ということで
今日はお肌のトラブルと
その対策をサクッとまとめます!

 

肌のトラブルは大きく5つ

肌はいろんなトラブルがあるけれど、
大きく分けると5つ。

 

・シミ、くすみ
原因…メラニン産生が進んでしまうこと、
うまく排出できないこと

 

・赤ら顔
原因…肌の炎症

 

・毛穴トラブル
原因…皮脂の過剰分泌、コラーゲンの減少

 

・ニキビトラブル
原因…皮脂の分泌過剰、毛穴のつまり

 

・しわ、たるみ
原因…表皮の乾燥、コラーゲン減少、
表情筋の硬直

 

あ~、わたしこれこれ!
っていうのあります?

わたしもかつては
肌荒れし放題の時期がありましたよ。
乾燥がひどかったし、
酷い湿疹も…。

 

インナーケアで対策

 

いろんなトラブルがあるけれど、
対策は大きく5つ!!

1.ターンオーバー/バリア機能の正常化すること

これに必要なのは…

✓ ビタミンA
✓ 亜鉛
✓ タンパク質
✓ オメガ3脂肪酸。
✓ 乾燥やスキンケアの摩擦に要注意!

 

積極的に食べたいものは…

うなぎ・レバー・牡蠣・サンマ・あじ・いわし
サバ・カツオ・きびなご・たまご

赤身肉(モモ、ヒレ)

など。

わたしはこの時期は
岩ガキをおすすめしたい…!

 

でも牡蠣って苦手なひともいるし、
手に入りにくかったりするので、

レバーかな。
(これまた好き嫌い別れる)

 

あとは
刺身!!!

これは調理の手間もないし、
切り身を買えば包丁不要。

美容液を買ったつもりでぜひ。

 

 

2.抗酸化ケア

これには…

✓ ビタミンC
✓ ビタミンE
✓ 亜鉛
✓ ファスティング

 

パプリカ、ピーマン、ゴーヤー、キャベツ
ケール、ブロッコリー、さけ、うなぎ、
鯖、さんま、いわし、豚レバー

 

夏野菜をたっぷり食べたいね!

ビタミンCはサプリで取り入れやすい。

一度に飲みすぎると下痢をする程度なので、
使ってみてもいいかもしれない。

でも、空腹時に飲むと気持ち悪くなる人もいるので
要注意。

サプリはあくまで補助。まずは食事がおすすめ。

ビタミンC「2000」 100錠
https://amzn.to/4cQFudS

 

 

 

3.糖化ケア

糖化が進むと老け顔まっしぐら。

 

ここは
入れるよりも
減らす!!!

✓ カフェインの入った飲みもの
✓ 乳製品
✓   小麦
✓ お菓子、ジュース
✓ アルコール

付き合い方を見直すこと。

 

 

朝はさくっとパン
カフェラテを飲んで、
お昼はコンビニで調達。

午後はシャキッとコーヒーを飲んで、
15時の休憩にクッキーや
チョコを少しだけつまむ。

仕事終わり、
急いで帰って家のことして、
夜やって落ち着いて自分の時間。

お風呂上りにアイスを食べながら
スマホやネットフリックスで夜更かしして、
やや睡眠不足…。

みたいな生活は
糖化まっしぐら。

血管がさび付いて
シミや、しわの原因に…

 

時間に追われる日々で
甘いものがちょっとした癒しになるのは
首がもげるほど
うなずくくらい

共感できるのだけど!!!!

でも、
ずっと続けると、
ほんとにいつかガタがくる。

 

わたしがそうだったから。

 

 

これならできるかな?
と感じるハードルの低いこと
少しずつやる。

 

おやつを変えてみる。
1日3杯のコーヒーをデカフェに変える。
10分早く寝る。
食べる順番を変えてみる。

 

すぐにできることがきっとある。

 

 

4.皮脂分泌のコントロール

皮脂は適度には分泌してOKだけど、
これが過剰になるとよろしくない。

分泌した皮脂が酸化すると
吹き出物などの
トラブルに繋がっていきます。

適度な皮脂分泌には

✓ ビタミンA
✓ ビタミンC
✓ ビタミンB群

を含む食品をしっかりと摂ること。

ビタミンA、ビタミンCはすでに
書いた通り。

ビタミンB群は…

豚肉、ささみ、レバー、かつお、
しじみ、あさり、納豆、たまご、
枝豆、モロヘイヤ、アーモンド、焼きのり

 

過剰な糖質や脂質はNG。

甘いお菓子はやっぱり肌には
あまりよろしくなさそうです。

 

 

5.コラーゲンの形成促進

肌のツヤやハリ、ふっくら感を
維持するのに必須!

コラーゲンが減りすぎると
骨自体が萎縮してしまい、
顔全体の印象も老けて見えるそう。

✓ タンパク質
✓ 鉄
✓ ビタミンC
✓ ビタミンD
✓ カルシウム

 

女性に不足しがちな
鉄とタンパク質。

肌のためにも食べておきたい。

一食につき手のひら1枚分。

 

魚、肉、卵をローテーションで
いろいろかつ継続的に
食べるのがよさそう!

わたしも
いよいよアラフォー世代。
こっから抗います(笑)

 

 

結局は食と生活

栄養や食材はもちろん大事だけれど、
それと同じくらい大切なのが

ストレスケアと睡眠!

 

人はストレスを感じると
体を守ろうとして、
コルチゾールというホルモンを出します。

それを分泌することで、
ストレスからまもってくれるのですが、

コルチゾールが出ると

・体内のビタミンC消耗
・体(タンパク質)の分解
・血管の萎縮→血流不足
・皮脂分泌過剰

などが起きるんです。

 

あれ?

これって
肌によろしくないことばかりでは…

 

そうです。

 

だからストレスって
ほんとに肌に悪い。

 

 

何が厄介って
現代社会はストレスが多すぎるところ。

 

特にね、わたしたちは

「できるけど、ほんとはやりたくない」

 

「いやと言えばいやだけど、
我慢できる」

 

「やりたくないけど、
役割だからしょうがない」

 

みたいな
プチストレス
ずーーーっと
あるのです。

 

 

わたしはこの
「我慢できるけど、実はストレス」
が当たり前になりすぎて、
体が悲鳴をあげていました。

 

この「○○だけど、我慢できる」が
感覚をマヒさせるので、
しんどくなっている自分に
なかなか気づけない…。

 

 

大きな不調が起きる前に、
肌がぼろぼろになる前に、
ちょっとずつケアを。

 

 

 

 

すぐにできるのが
スキンケアのときの
「ハンドプレス」

自分の肌を自分で
ゆっくりタッチすること。

 

このゆっくりとしたタッチで
幸せホルモンが分泌される!

 

朝が無理ならお風呂上り!
寝る前に1分でも。

 

優しく肌にタッチして
はい、深呼吸~。

 

 

 

明日のごきげんは
今日のわたしがつくろう。

 

ぜひ、一緒に。

 

 

ファスティングにチャレンジしたい!
初めての方は
カウンセリングしますので、
お気軽にお問合せください!

無料カウンセリング予約

 

その他お問い合わせは
公式ラインからお気軽にどうぞ
↓↓

*現在お問い合わせフォームの
トラブルにつき、LINEからの
ご連絡いただけますと幸いです。

 

Instagram

公式LINE

 

ボディデザインルームを開設しました!
どなたでもこちらから入れます。
【参加費無料、入退室自由】
LINEのオープンチャットです!
筋トレ、運動、ストレッチ
なにか運動をしたいとは
思っているけど、なかなか後回し。
だれかに宣言すればできそうだな
と感じたあなたと
一緒に取り組めたらいいなと思っています。

 

 

 

 

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

てらにしみほ

”人生を味わい尽くす女性をふやす”をテーマに
ヘルスケアのためのファスティングを提供。

臨床分子栄養医学研究会 認定カウンセラー
PNTトレーナー(栄養療法×心理技術)
広島出身、2児の母。

 

最近の記事

  1. NEW

    コーヒーを止めたら頭が痛い

  2. NEW

    美肌の敵は○○!

PAGE TOP