BLOGブログ

BLOG

4

じいちゃんとの別れ

思うこと

 

2月に祖父が亡くなりました。
92歳でした。

これはわたしの気持ちの整理と
記録としてのブログ。

 

 

 

ずっと元気でしたが、
晩年の4年間はほとんど施設で過ごし、
たまに自宅に帰る程度。

施設にいる間も
何度か感染症にかかり、
その度に復活。

じいちゃん、強いね!
と家族でいつも話していました。

 

体調が落ち着いていた頃、
ばあちゃんをつれて一度会いに行っていて
良かったな。

 

 

18歳で家を出るまで
祖父母と同居していました。

幼少期から家を出るまで
いつも畑仕事をしたり
読み物をしているイメージだったかな。

 

じいちゃんは、
余計なことは言わない優しい人。

いつも穏やかで、
たまにジョークをいってクスっと
笑わせてくれた。

 

そうそう、手先が器用で、
お正月のしめ縄飾りは
いつも手作りだったなぁ。

2014年、地域の運動会。しめ縄競争。ぶっちぎりの1位で誇らしかった。

 

思春期には
じいちゃんのゆったりさが
ちょっと嫌なときもあったな。

そんなわたしのことも
私の兄妹も、
静かに見守ってくれてた。

 

実家に帰ると
「みほちゃん、おかえり。
元気にしとったか?」って
出迎えてくれてたねー。

2016年。妹とおそろいの服で帰省。

 

最期は
ほんとーに穏やかな表情で。

ありがとうとおつかれさまでしたと
声をかけてのお別れでした。

ココロがジーンとあたたかい気持ち。

 

 

 

「死」について考えると
絶対に「生きる」こととも
向き合うことになるなと
考える度に思うよね。

せっかく先祖のみなさまが
繋いでくれているいのち。

終える日がくるまで
何に使おうか?

そんなことを考えた
先日の四十九日でした。

晴れてよかったな。

 

孫もひ孫も集まって
にぎやかで。
きっと近くで微笑んでくれてるんだろうな
とおもったのでした。

じいちゃんありがとう!!!!

焼酎飲んでね。
ゆっくりごはんたべてね!

 

 

5月19日スタート5daysグループファスティング

詳細はココからチェック!

 

初回の方は必ずカウンセリングをしますので、
「気になるけど、わたしにもできるかな…」

と思っているあなたにこそ、
ぜひお気軽にご連絡頂きたいです!

いつでもお待ちしていますね!

無料カウンセリング予約

 

インスタや公式ラインからのお問い合わせも
大歓迎です!!

もしよかったらブログの感想もぜひ
お聞かせください…!

Instagram

公式LINE

 

 

 

 

 

 

 

 

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

てらにしみほ

”人生を味わい尽くす女性をふやす”をテーマに
ヘルスケアのためのファスティングを提供。

臨床分子栄養医学研究会 認定カウンセラー
PNTトレーナー(栄養療法×心理技術)
広島出身、2児の母。

 

最近の記事

  1. NEW

    断食よりもライトな企画!【4-FOUR- Free challenge】

  2. 食習慣で攻略!ゆらぎやすい新生活。

PAGE TOP